space << next | 163 / 203 | prev >> | top
の「top」に貼られている URLがhttp://aperto.jugem.cc/になっているので、使用される 場合は、ご自分のブログのトップページのURLに変更してください。 メインとメニューの背景画像はできたら、一度ダウンロード してもらって、ご自分のブログにアップしてリンクを貼って 頂くとサーバー負担の軽減につながるのでご協力お願いします。 あと、気になったことがありましたら、コメントのほうで ヨロシクお願いします。 -->
space next | / | prev | top

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト
| - | - | - |

 臭橙(かぼす。かぼすをこう書くとは)。

 手許に30年前に出た『男百人男だけの肴』という本がある。
 作家の嵐山光三郎が「ゴールデン街風物詩」を寄せているが、多分35歳くらいのときの文章だろう。無断転載する。

 私は、はしご酒で。
 新宿ゴールデン街をはしごして、一晩に、だいたいウイスキー一本くらいかな。
 篠原勝之(クマ)とか、映画屋の長谷川元吉とか、唐十郎とか、ま、四人でクルマ座になって飲めば、
四人で二晩つづきでウイスキー一ダースぐらいあけるカンジ。
 で、サカナがなくなると、ポスターの紙をあぶって、ショーユつけて食ぺますね。サカナがないときは、
ケンカだな。飲んじゃ、カラミ客をぶん殴って、店をかえますね。からまれるんだよね、連中と飲んでる
と。ま、クマは、ケンカは八百二十勝一敗三引きわけで、勝ち数は王のホームランより多いから、安心
だ。私はヨコでオーエンするだけ。
 長谷川元吉は、うまいもの食べたときは、自慢の電話よこすんだ。
「アノネ、オレは今ヒラメのお刺身食べてんだけど、きみんちは何なの。ア、納豆か。貧乏はしたくないな
あ。きみも早く、オレみたいに偉くなって、お刺身食べなさいね」
なんて。こういうの、頭にくるよな。
 12月も20日だっ!
| - | comments(0) | trackbacks(1) |

 わが聖降誕祭週間。

 キリストさまにもクリスマスにも何の関係もない。当然、お祝いもご馳走もない。
 しかし、子どものころから遠くの街の灯とか「遠くでチカチカするモノ」が好きだった。
 遠くでなくとも、昔の電気アンカの小さな紅い光とかが好きだった。
 だから、ひっそりとこんなこともしているのだった。
 
 岩村暢子著『普通の家族がいちばん怖い』を読むと、なおのこと華々しい光は怖い。
   
   電飾している家では、親子一緒にクリスマスイベントに参加することも少なく
   (電飾あり家庭56.0%、電飾なし家庭82.4%)、親族と一緒にクリスマスの会食
   を楽しむ率も低く(電飾あり家庭4%、電飾なし家庭11.8%)、夫婦間でクリスマ
   スにプレゼントし合う率も低い(電飾あり家庭8.8%、電飾なし家庭13.9%)。」    (197〜8頁)
 
 この著者の『変わる家族 変わる食卓』(勁草書房)も、もっと早く読めばよかったと思ったものだ。
 今年もあと10日ばかり
| - | comments(0) | trackbacks(5) |

 小倉・旦過市場背景。
 むかし、この市場は船で集荷していたのだろう。この水路は亜細亜に繋がる。


 2008年12月18日午前9時30分。旦過市場はすでにこの賑わいだ。
 この日、ポン酢用のかぼすと蒸したちゃんぽん麺を買う。
 ちゃんぽん麺は白葱と生姜で焼きソバにする(ソバが喉につまりそうになる、これがうまい)。
 「師走」と言ってみるが…
| - | comments(0) | trackbacks(1) |



 秋から冬へ。

 夕方、谷戸の道を歩いていると、目の前に、乾いた音を立てて紅い物体が落ちてきた。
 その秋の木の実は、すでになにかの鳥かけものに中身をほとんど食べられたものだった。
 急いで見上げたが、なにかが見えるわけでもなく、ただ夕空が広がっているだけだ。
 その空からは、やがて雪も降ってくるだろう。
 
 秋の出来事
| - | comments(0) | trackbacks(8) |

 梨、この不思議な果物。

 土方巽、1973年の作品に「梨頭」がある。
 踊ったのは、がにまたのニジンスキー玉野黄市、等である。
 「梨頭」。土方の天才性はそのネーミングからもうかがえる。
 梨
| - | comments(0) | trackbacks(0) |

 朝の光に照らされて…。

 一気に「大根の鉈割り漬け」と「鰊漬け」を仕込む。保存食づくりは、なぜか楽しく気分が落ち着く。
 
 一昨日夜、25年くらい会うことがなかった知り合いに会った。とりたてて理由があって会わなかったわけではなく、
 なんとなく25年が過ぎてしまったのだ。
 気づくと、われわれは25年前の夜に戻っているのだった。
 しかし、「ブログ見てますよ」といわれるのには正直まいった。
 漬物をつけよう
| - | comments(0) | trackbacks(0) |

 銀座三州屋。銀座で数が少なくなった、いわゆる上質な「呑み屋」。紅い灯に曳かれてしまう。
 ここでは、今の季節はなんといっても「牡蠣フライ」だ。それに「牡蠣どーふ」。家でやっても
 なぜか三州屋の「牡蠣どーふ」はできない。
 
 銀座・三州屋
| - | comments(0) | trackbacks(1) |

 一週間ぶりの新宿。打ち合わせの前に、田壮壮監督の『呉清源 極みの棋譜』をみる。呉清源が何を悩み、何故に
 新興宗教に傾倒していったのか、まったくわからず。映画以前に脚本段階で決定的な陥穽があるのではないか。
 夕方、銀座三州屋。
 夜、「古書ほうろう」にて『酒とつまみ』+『モツ煮狂い』最新号発売記念イベント。
 写真は、左から大竹聡さん(『酒とつまみ』編集発行人)、中央、クドウヒロミさん(『モツ煮狂い』編集発行人)、
 右、半分隠れているのが進行役の南陀楼綾繁さん。
 あーあっ、おもしろかった、という感想。「古書ほうろう」の地道ながんばりに拍手!
 
 2007年12月12日
| - | comments(0) | trackbacks(0) |

 葉の影。

 梅田望夫著『ウェブ時代をゆく』のなかに次のようなフレーズが出てくる。
 「成功するかどうかは、人生をうずめている奴が一人いるかどうかですね」。
 意味ではなく、「人生をうずめる」という言葉を、今まで、ぼくは否定的に使ってきたのではないか?
 例えば「そんなことで人生をうずめてしまったのか」というように。
 このことばも使われ方が逆転してしまった例なのだろうか。

 今日は、『酒とつまみ』+『モツ煮狂い』イベントの日だ。子どもの遠足の日のように朝早く目が覚めてしまった。
 『酒とつまみ』+『モツ煮狂い』
| - | comments(0) | trackbacks(0) |

猫の額ほどの庭(?)に水仙が満開である。

 昨夜、古い友人が集まり忘年会があった。7時に始まり9時にはお開きで、だれも、もう一軒行こう、とはいわないのである。
 山口誓子の「海に出て木枯帰るところなし」を、つくづく名句だと思いつつ、つめたい風の中を帰った。
 山口誓子には、
   ひとり膝を抱けば秋風また秋風
   夜の雪遮二無二海の中へ降る
 等々の名句がある。
 木枯らし
| - | comments(0) | trackbacks(0) |

space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
きのこ文学名作選
きのこ文学名作選 (JUGEMレビュー »)
飯沢耕太郎,萩原朔太郎,夢野久作,加賀乙彦,村田喜代子,八木重吉,泉鏡花,北杜夫,中井英夫,正岡子規,高樹のぶ子,宮澤賢治
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
さりながら
さりながら (JUGEMレビュー »)
フィリップ・フォレスト
space RECOMMEND
夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇
夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇 (JUGEMレビュー »)
スティーヴン ミルハウザー,ミハイル ヨッセル,スチュアート ダイベック,レベッカ ブラウン
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
エル・スール
エル・スール (JUGEMレビュー »)
アデライダ ガルシア=モラレス
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
幻影の書
幻影の書 (JUGEMレビュー »)
ポール・オースター
space RECOMMEND
space RECOMMEND
ルーダンの憑依
ルーダンの憑依 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・ド・セルトー
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
叱り叱られ
叱り叱られ (JUGEMレビュー »)
山口隆(サンボマスター)
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
スケアクロウ
スケアクロウ (JUGEMレビュー »)
the pillows,SAWAO YAMANAKA,KAZUTOSHI SAKURAI
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
space RECOMMEND
ナンバー9ドリーム
ナンバー9ドリーム (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミッチェル
space RECOMMEND
space NEW ENTRIES
space RECENT COMMENTS
space RECENT TRACKBACK
space CATEGORIES
space ARCHIVES
space LINKS
space PROFILE
space OTHERS